レーシック後には感染症に注意


レーシック後には感染症に注意ブログ:17年06月17日


「減量を始めるぞ!!」って思ったときに、
多くの人が取り入れる減量法と言えば、
ジョギング。

減量って、決意したときにすぐに始めないと、
また気が変わってしまう可能性があります。

ですから、
すぐに実行に移すことができるジョギングには
安定した人気があるわけですね。

ところで、みなさまは、
ジョギングを始めるとき、
「アキレス腱伸ばし」をしてますか?

アキレス腱伸ばしというくらいですから、
アキレス腱自体を伸ばすストレッチだと、
思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

ところがアキレス腱伸ばしは、
アキレス腱へのストレッチではないんですよね。

あれは実は、ふくらっぱぎへのストレッチなのです。

ジョギングをするときって、
ふくらっぱぎの筋肉は伸縮を繰り返します。

そのため、ふくらっぱぎの筋肉を
ストレッチでほぐしておくことは非常に重要なんです。

ジョギングをしばらく続けていると、
ふくらっぱぎが突っ張ったような感覚を
持ったことはありませんか?

あれはふくらっぱぎがオーバーワークを起こして、
筋肉が硬くなっている証拠なのです。

するとふくらっぱぎの筋肉とつながっている
アキレス腱も引っ張られる形となります。

しばらくその状態が続くと、
アキレス腱が切れてしまうのです。

これでは、しばらくの間、
運動することは厳禁となります。

減量のために、
ジョギングをすることはいいことなんですが
オーバーワークはかえって、
減量の期間を延ばすことにつながります。

ふくらっぱぎに違和感を感じたら、
ジョギングをしばらく控えることも必要なんです。

じゃんじゃん
埼玉 注文住宅
http://www.aqura-saichuou.jp/

傘立て
http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/

一条工務店ナビ
http://www.ichijo-h.co.jp

フコイダンの案内
http://lmf-assoc.jp/


ホーム サイトマップ