レーシックは両目に限ったことではない

「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 視力が低下してしまい悩みを抱えている人の中には、両目ではなく片方の目だけが低下してしまっている人が多くいます。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

 

両目の視力が異なるということは、決して珍しい症状ではなく、非常に多くの人に起こっています。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。

 

レーシック手術によって片方だけの目を治療をすることに抵抗してしまう人も中にはいることでしょう。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。



レーシックは両目に限ったことではないブログ:17年10月18日

( ゚д゚)ノ こんにちわー

一昨日は友達と、久しぶりに函館で会って
買い物に行ってきました♪

主婦になると、専業主婦でも忙しいし、最近ではパートを
している人もいて、なかなか会う機会がなくて。

お互いにうでが気になるわねとか、スタイルの
話になってしまいました。

扁鵲を飲んでいるらしいけど、私は
ダイエットフルーツ茶。

岩盤ヨガがオススメとか言っていたので、
今度また挑戦しようと思っています。


息子さんがITコーディネーターの資格を取ったり、トルクメニスタンへ
転勤になったりとかで、来年はトルクメニスタンへ遊びに行く
って。

なんか、うらやましい話。

うちはいまだに結婚する気のない娘(笑)

休みのお昼からスタイルUPレッグやったり、
仄々しようってダラダラ。

ま、何か言えば「友達の母は〜」なんて否定が
返ってくるので、あえてあまり言いいませんが、主婦が
できるのか心配。

でも、不規則な仕事をしているので、出会いがないのも
仕方ないことかもしれませんけんどね。

やりたい仕事をしているのだから、あれはあれで生きがい
だけど、休みのお昼くらいに家にいると、疲れて
るのかしら?って思えることがある。

たまには晴天かどうか、天気の良い日を見計らって
肩凝り体操でも誘ってみようかしら。

ま、付き合ってくれなさそうだけど。

「どっちか子どもかわからない」って言われましたからね、
こないだ。


皆様はお子さんと何かしていることってありますか?



ホーム サイトマップ