一時的なレーシックにおける後遺症

ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:17年04月27日

今日は大切な日なんです♪


女性の間で悩みになっているのが、
いくらシェイプアップをしていても
なかなか効果が現れないということです。

でも実際に体重計に乗ってみると、体重が減っているので、
シェイプアップ効果は出ているはず…

にも関わらず、
服などのサイズダウンを実現することができないという現象です。

このような症状に思い当たる節があるという人は、
もしかすると骨盤がゆがんでいるのかもしれません。

骨盤というのは、
左右にバランスよく付いている骨の一種です。

ところが何らかの拍子で骨盤がずれてしまうと、
左右のバランスが崩れてしまいます。

骨盤のずれは、
シェイプアップ的には
決していい効果をもたらしてはくれないんですよね!

骨盤内にはリンパ液が流れていますが、
骨盤がずれると、リンパの流れが滞ってしまいます。

リンパ液というのは、
体で生じた老廃物を排出する働きがあります。

ところがリンパ液の流れが悪くなるということは、
老廃物が体にたまりやすくなるわけです。

老廃物が体にたまってくると、代謝の力も鈍ってきます。
すると、太りやすく痩せにくいという体になるわけです。

シェイプアップにはご飯のバランスが大切ですが、
体のバランスも大切なんですね!

また、たまった老廃物はむくみの原因となります。

体重は落ちているのに、
なかなかサイズがダウンしないというのは、
このむくみが原因となっている可能性が考えられます。

なお、骨盤のゆがみは、
生活習慣と大きく関係しているといいます。

例えば、足を組む人。
同じ方向にのみ足を組み続けているだけでも、
骨盤がゆがむ可能性があるそうですよ。

生活習慣を見直して、シェイプアップを成功させましょう!

―地球滅亡まであと427日―

ホーム サイトマップ