一時的なレーシックにおける後遺症


一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:16年09月18日


シェイプアップについていろいろと調べていると
「停滞期」という文字を目にすることがありますよね。

シェイプアップの停滞期というのは、
頑張って運動したり食べる事制限したりと努力しているのに
体重が一時的に減らなくなってしまう時期のことです。

シェイプアップの停滞期は、
人間の身体に本来備わっている、
生命維持機能であるホメオスタシスという、
危機管理システムによって起こるといわれています。

つまり、
身体を守るために食べる事量を減らしても、
体重を維持してしまうシステムなんです。

身体がエネルギー不足と判断し、
少ない食べ物でも効率的に利用できる身体にしてしまいます。

なので、
余り食べないのに、
体重が減らないといった状態になってしまうわけです。

このシェイプアップの停滞期は、
個人差はありますが約ひと月程度あると言われています。
シェイプアップを成功させるためには、
このひと月を上手に乗り切ることが大切なんです。

体重の5%以上体重が減ると
シェイプアップの停滞期が訪れるといわれています。

停滞期がひと月ほど続くと
身体の危機管理体制が解除されて停滞期が終わり、
また次の停滞期まで
体重を減らしていくことができるようになります。

停滞期だからといって
あせらず、あきらめず、根気よく
シェイプアップを継続することが大切です。

停滞期にシェイプアップを中止すると
リバウンドを引き起こしてしまいます。

シェイプアップ開始前よりも
体重が増えてしまったり、
痩せにくい身体になってしまうので、
停滞期中でもシェイプアップを続けることが大事なんです!


祖師ヶ谷大蔵 賃貸をcheck!
https://www.townhousing.co.jp/shop/soshigayaokura/

ラ・ヴォーグの案内
http://xn--z9jtbt46bs25krb5awqc71dtz8dyf2a.com/la-vogue/

藤丸敏
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E8%97%A4%E4%B8%B8%E6%95%8F


ホーム サイトマップ