レーシック後には感染症に注意

レーシック後には感染症に注意


レーシック後には感染症に注意
テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。




レーシック後には感染症に注意ブログ:17年05月17日

「減量を始めるぞ!!」って思ったときに、
多くの人が取り入れる減量法と言えば、
ジョギング。

減量って、決意したときにすぐに始めないと、
また気が変わってしまう可能性があります。

ですから、
すぐに実行に移すことができるジョギングには
安定した人気があるわけですね。

ところで、みなさまは、
ジョギングを始めるとき、
「アキレス腱伸ばし」をしてますか?

アキレス腱伸ばしというくらいですから、
アキレス腱自体を伸ばすストレッチだと、
思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

ところがアキレス腱伸ばしは、
アキレス腱へのストレッチではないんですよね。

あれは実は、ふくらっぱぎへのストレッチなのです。

ジョギングをするときって、
ふくらっぱぎの筋肉は伸縮を繰り返します。

そのため、ふくらっぱぎの筋肉を
ストレッチでほぐしておくことは非常に重要なんです。

ジョギングをしばらく続けていると、
ふくらっぱぎが突っ張ったような感覚を
持ったことはありませんか?

あれはふくらっぱぎがオーバーワークを起こして、
筋肉が硬くなっている証拠なのです。

するとふくらっぱぎの筋肉とつながっている
アキレス腱も引っ張られる形となります。

しばらくその状態が続くと、
アキレス腱が切れてしまうのです。

これでは、しばらくの間、
運動することは厳禁となります。

減量のために、
ジョギングをすることはいいことなんですが
オーバーワークはかえって、
減量の期間を延ばすことにつながります。

ふくらっぱぎに違和感を感じたら、
ジョギングをしばらく控えることも必要なんです。

じゃんじゃん
レーシック後には感染症に注意

レーシック後には感染症に注意

★メニュー

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
レーシックで老眼も治療可能
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシックという視力回復術