レーシック後には感染症に注意

レーシック後には感染症に注意


レーシック後には感染症に注意
テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。




レーシック後には感染症に注意ブログ:17年03月24日

みなさまは
減量をするのに適した季節があるのを
ご存知でしょうか?

実は冬場って、
最も減量に適した季節だと言われているんですよ!

「冬太り」などという言葉があるくらいですから、
むしろ冬場は減量に向いていないのでは?
と、思われているかもしれませんが…

現実は、まったくの正反対なんです!

冬場が減量に効果的な季節である理由として、
代謝ということが大きく関係しています。

代謝は、普通にわたしたちが生活をしていく中で
消費されるエネルギーの量のことを言います。

冬というのは、一般的に寒いですよね。
からだにとって、寒すぎるというのは
時として危機的な状況を生み出します。

そこで、わたしたちのからだは、
気温が低下してくると
自分でわたしをポカポカな状態にして、熱を確保しようとします。

トレーニングをした後に、
からだがポカポカしてくるような経験をしたことってありますよね?
このポカポカ感は、
自分でエネルギーを生み出すことによって生じているわけです。

からだを暖かくするためには、
エネルギーを多く消費する必要があります。

このため、
別にからだを温める必要が無い夏場と比べると、
冬の方が消費されるエネルギーはもともと高めになるわけです。

ですから、冬場にちょっとしたトレーニングをすれば、
さらに消費されるエネルギーの量は増大します。

消費されるエネルギーの量が増えるということは、
減量につながっていくのです。

そういうわけで、
減量をするなら、冬場にスタートした方が、
より効果が早く現れるんです。

レーシック後には感染症に注意

レーシック後には感染症に注意

★メニュー

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
レーシックで老眼も治療可能
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシックという視力回復術