レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない


レーシックは両目に限ったことではない
「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 視力が低下してしまい悩みを抱えている人の中には、両目ではなく片方の目だけが低下してしまっている人が多くいます。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

両目の視力が異なるということは、決して珍しい症状ではなく、非常に多くの人に起こっています。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。

レーシック手術によって片方だけの目を治療をすることに抵抗してしまう人も中にはいることでしょう。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。




レーシックは両目に限ったことではないブログ:17年09月16日

いくらシェイプアップのためだからと言っても、
過度のトレーニングや、過度の食べる事制限は
老化を進めてしまうんですよ!

トレーニングによって乳酸値が上がりますが、
この乳酸を作っているのが活性酸素で、
この活性酸素は老化の原因の1つとも言われています。

活性酸素は、からだに無くてはならないものですが、
過剰に発生すると、
ガン、糖尿病、心筋梗塞などを引き起こす可能性が
高くなるんだそうです。

トレーニングをしなければ乳酸も出ず、活性酸素も増えないのだから、
トレーニングしなければ良いと思うかもしれませんが、
何もしなければ筋肉は衰えていくばかりです。

老人が骨折をして、しばらく寝たきりになると、
筋力が衰え、リハビリをしっかり行わないと、
そのまま寝たきりになってしまうというのが、
良い例だと思います。

筋力を20代の時のように保つ必要はありませんが、
基礎代謝を上げる為には、ある程度のトレーニングは必要です。

食べる事制限だけのダイエットは、
筋肉を衰えさせることにもなり、
体重は減っても、老けこむ危険性があるのです。

シェイプアップとアンチエイジングのバランスを考え、
食べる事制限やトレーニングは過度になり過ぎないようにし、
長期的なシェイプアップを心掛けましょう!

糖尿病、高脂血症などが原因で、
医師からシェイプアップを勧められている人は別ですが、
サイズダウンを目的としたシェイプアップをする場合は、
「健康的に」ということを一番に考えるべきです。

食べる事の内容は、
アンチエイジングを意識したカロリーの低いもの、
トレーニングも適度に筋肉が付くくらい…と、
食べる事もトレーニングも、過剰になり過ぎないことが大切です。

レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
レーシックで老眼も治療可能
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシックという視力回復術