レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない


レーシックは両目に限ったことではない
「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 視力が低下してしまい悩みを抱えている人の中には、両目ではなく片方の目だけが低下してしまっている人が多くいます。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

両目の視力が異なるということは、決して珍しい症状ではなく、非常に多くの人に起こっています。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。

レーシック手術によって片方だけの目を治療をすることに抵抗してしまう人も中にはいることでしょう。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。




レーシックは両目に限ったことではないブログ:17年07月07日

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金~!!!

ほとんどの人は「利き手」というものがあります。
同時に利き足、利き目、利き耳など、
日常の無意識の中で左右どちらかだけを多く使う生活をしています。

そうするとからだの左右のバランスが崩れて、
からだに「ゆがみ」が生じてしまいます。

からだがゆがむことで
肩こりや腰痛、頭痛、めまい、生理痛、部分太りなど、
からだ全体に悪影響を与えてしまいます。

ゆがみがひどくなると血行を阻害し、
内臓にまで影響を及ぼすことも少なくありません。

特に骨盤のゆがみは、
減量に悪影響をもたらすようです。

骨盤がゆがむと、背骨にもゆがみが生じてきます。
骨盤が背骨を支えているのですから、
土台がずれればその上にある骨がずれるのは当然です。

そうすると、全身の筋肉のバランスが悪くなり、
血液やリンパの流れが悪くなって、肩こりや腰痛などを引き起こします。

また、冷えやむくみ、代謝が悪くなることによる
下半身太りやO脚、肥満の原因になることもあります。

その上、疲労がたまりやすくもなるので、
からだを動かすのも億劫になって運動不足となり、
ますます筋肉が衰える…
という悪循環にはまってしまうことになります。

それ以外にも、女性は特に気になる
「ヒップが垂れている」「あしが太い」
「ウエスト周りに変に脂肪が付く」など、
スタイルが崩れる原因になっていることもよくあります。

このように見てくると、
減量のために食事制限しても、運動を頑張っても…
成果が見られない場合は、骨盤のゆがみが原因なのかもしれませんね!

みなさん!ゆがみを直して、
減量を成功させましょう!
レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
レーシックで老眼も治療可能
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシックという視力回復術