レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない


レーシックは両目に限ったことではない
「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 視力が低下してしまい悩みを抱えている人の中には、両目ではなく片方の目だけが低下してしまっている人が多くいます。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。

両目の視力が異なるということは、決して珍しい症状ではなく、非常に多くの人に起こっています。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。

レーシック手術によって片方だけの目を治療をすることに抵抗してしまう人も中にはいることでしょう。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。




レーシックは両目に限ったことではないブログ:17年05月22日

我が家には、ネコが1匹居ます。

ムスコが小学2年生のときにやってきました。
ムスコは、この4月に中学2年になりますので、
我が家へ来てから、もう6年がたとうとしてます。

このネコ、名前は「あ~ちゃん」。
貰い受けたときから「あ~ちゃん」でした。

元飼い主さんにお伺いしますと、
鳴き声が「あ~あ~」って聞こえるので…
とのことでしたが、本当にあ~あ~鳴きます。

「あ~ちゃん!!」って呼ぶと返事をします。
とっても甘えん坊さんです。

わたくしがパソコンの前に居ると
必ず、ひざに乗ってきて、
ひざの上でグルグル回ってくれます。

仕事から帰ってくると、必ず、玄関先で待っててくれます。
わたくしが行くところ、どこでもついてくる…甘えん坊ネコです。

夜更け、家中の電気が消えると鳴きませんが、
あさ、わたくしの目覚ましが鳴ると
部屋をあけろ!と、あ~あ~鳴きます。

食材なども取ったり、粗相をしたことの無い、
とっても賢いネコです。

さてさて、
あ~ちゃんが、我が家に来たときの経緯なのですが…

わたくしは、
娘が小4、ムスコが小1のときに離婚をしました。
フルタイムで働いて、バタバタと忙しい生活が始まりました。

当時、保育施設で働いていたのですが、
小学校に入りたてのムスコを家へ残して、
真夜中に会議だとか、残業だとかをこなさないと
いけないことが多くありました。

真夜中も、ご飯の用意はしてますが、
娘にお願いして
2人でご飯を食べておいてもらうこともよくありました。

当時のわたくしは、
娘たちと一緒に居てあげたいのに、居てあげることが出来ない…
ごめんなさいばかりを胸の中に押し込めていました。

そんなときに、
少しでも寂しい想いをしなくて済むように…
と考えて、ネコを飼うことを決めたのです。

レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
レーシックで老眼も治療可能
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシックという視力回復術