レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。

トリプトファン、今すぐアクセス
http://www.suplinx.com/shop/e/etryptoph/



レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:17年05月28日

皆様、こんにちわですー

過食によって摂り過ぎた栄養が、肥満につながっている…
これは事実です。

だから、
「過食をやめないと、ダイエットなんてとんでもない!」
そんな風に、皆様思っていると思います。

でも、
過食って実際にこれで悩んでいる人の立場で見ると、
とっても高いハードルです。

これでは、当の本人にとっては
まずダイエットを始めるための壁が、
ものすごく高いものになってしまいます。

ならば、難しいところはとりあえず置いておいて、
「できるところ」から始めてみればいいのです。

過食を続けていても、別の方法でダイエットはできます。

例えば、トレーニング。
過食をしていても、トレーニングはできます。
最初は少しづつでいいのです。
柔軟運動10回、柔軟運動10回からで十分です。
散歩10分でもいいのです。
まずは始めてみましょう!

もともとトレーニングの習慣がなかった人は、
これだけのトレーニングをするだけでも、
筋肉が活性化されてきて、筋肉の代謝が上がります。
そして慣れてきたら、徐々に時間や回数を増やしていけばいいんです。

大事なことは、負荷や回数ではなく、「継続すること」です。
もっと言うなら継続できなかった時にでも「諦めないこと」です。
そうして行動していくうちに、
過食との距離もだんだん広がっていきます。

いきなりパッタリとやめようとするとストレスは溜まるし、
過食してしまった場合に自分で自分を責めてしまって、
ダイエットを自分で挫折させてしまいます。

だからこそ
過食と上手くお付き合いしながら、
ダイエットしていく事が重要だと、オレは思います。

――――――以上で今日の報告を終わります。

ホーム サイトマップ